gitブランチのpull・確認・削除まとめ

git コマンドいちいち調べるのが面倒なので、備忘録代わりに記事にしました。参考になれば幸いです。

 

git clone後、全てのブランチをリモートからpullする

まずは、リモートリポジトリからgit cloneしてくる

$ git clone [remote URL]
※ この時点でローカルにあるブランチはmasterのみ
クローンしてきたプロジェクトに移動し以下のコマンドを実行
//リモートの全てのブランチをローカルに作成
$ for remote in `git branch -r`; do git branch --track ${remote#origin/} $remote; done

//ローカルの全てのブランチをリモートと同じ状態にする
$ git fetch --all
$ git pull --all

 

これで、ローカルリポジトリの全てのブランチが最新になりました。下のコマンドで確認してみてください。

ブランチを確認
//ローカルブランチを確認
$ git branch

//ローカルとリモート(追跡)両方のbranch一覧を見る
$ git branch -a

 

 

削除

ローカルブランチを削除する

//ローカルブランチの削除
$ git branch--delete [ブランチ名]

 

リモートブランチを削除する

//リモートブランチを削除

git push origin :[ブランチ名]
※リポジトリの運用方法に配慮して削除すること。