Firestoreでドキュメントの追加・編集(更新)・検索・削除の方法

Firestoreは、Googleの柔軟でスケーラブルなNoSQLクラウドデータベースです。「オフラインデータアクセスに対応」や「リアルタイムデータ同期」などに加えてデータが非常に簡単に扱いやすくなっています。今回は、Firestoreのドキュメントの追加・編集(更新)・検索・削除の方法について紹介します。

 

hogeコレクションにドキュメントを追加

ドキュメントIDを自動割り当てにするか、指定するかでドキュメントを追加します。

// [自動割り振りID]で保存する場合
firebase.firestore.collection('hoge').add({
     id: 1,
     name: taro
})

// IDを指定して保存する場合(huga)
firebase.firestore.collection('hoge').doc('huga').add({
      id: 1,
      name: taro
})

 

 

hogeコレクションのドキュメントを編集(更新)

ドキュメントIDを指定してドキュメント更新します。

// ID指定は必須
firebase.firestore.collection('hoge').doc([IDを指定]).update({
     id: 2,
     name: taro
})

 

 

hogeコレクションのドキュメントを削除

ドキュメントIDを指定してドキュメント削除します。

firebase.firestore.collection('hoge').doc([IDを指定]).delete({
      console.log("Document successfully deleted!");
})

 

 

hogeコレクションのドキュメントを検索・取得

idからドキュメントを検索・取得します。

hoge:
[自動割り振りID] {
id: 1
name: taro
}

 

// 検索結果が1つの場合
firebase.firestore.collection('hoge').where('id', '==', 1).get().then(doc => {
     var data = doc.docs[0].id;
})

// 検索結果が複数ある可能性がある場合
firebase.firestore.collection('hoge').where('id', '==', 1).get().then(res => {
      res.forEach(doc => {
           var data = doc.docs[0].id;
      })
})