リモートリポジトリの登録先を変更してpushする

この記事は、git cloneしてきたプロジェクトを別のリモートリポジトリでgit管理したい時や複数リモートリポジトリでgit管理している場合などの備忘録記事になります。

 

現在のアドレス接続を確認

まず、プロジェクトディレクトリに移動して現在のアドレス接続を確認します。

//プロジェクトに移動
$ cd  [プロジェクト名]

//登録リモート先を確認
$ git remote -v
origin [現在のリモートリポジトリ]

 

 

登録先のリモートリポジトリを削除

リモートリポジトリ(origin)の登録を削除します。

$ git remote remove origin

 

削除されているか、もう一度アドレス接続を確認。

$ git remote -v

 

 

新しいリモートリポジトリを登録

以下を実行し、新しく登録したいリモートリポジトリを指定します。

$ git remote add origin [https://新しいリモートリポジトリurl]

 

 

新たにブランチを切ってpush

ここで、そのままpushするとエラーが起こるので、新たにブランチを切ってpushします。

// 新しいブランチを作成してチェックアウト
$ git checkout -b [作成するブランチ名]
// リモートにプッシュ
git push origin [作成したブランチ名]

 

 

最後にいらないブランチを削除して終了です。

//ローカルリポジトリ
$ git branch -D [削除するブランチ名]

//リモートリポジトリ
$ git push origin :[削除するブランチ名]

 

 

 

まとめ

今回は、備忘録も兼ねて投稿させていただきました。この記事が皆さんの活動を手助けになれば幸いでございます。