「Laradock」で簡単にLaravel + Docker開発環境を構築する手順

Laravel には、Laradockという、Laravel をDocker上で利用するための環境を簡単に構築できるフレームワークが用意されています。今回は、その手順を解説していきます。

 

Docker for Macのインストール

Dockerがインストールしていない方は、以下のリンクからDocker for Macをインストールします。

https://docs.docker.com/docker-for-mac/

 

ローカルにLaradockをclone

ローカルの適当な場所に、myappディレクトリを作成し、Laradockをクローンします。

$ mkdir myapp
$ cd myapp
$ git clone https://github.com/laradock/laradock.git

 

 

.envの作成

Laradockディレクトリ直下にあるenv-exampleをコピーして.envを用意します。

$ cd laradock
$ cp env-example .env

 

 

コンテナを立ち上げてworkspaceに入る

最初のコマンドで、立ち上るまでにある程度時間がかかります。

$ docker-compose up -d nginx mysql workspace phpmyadmin
$ docker-compose exec workspace bash

 

 

Laravelをインストール

// laravel-appというプロジェクトを作成
$ composer create-project laravel/laravel laravel-app

// 終わったらworkspaceから抜ける
$ exit

 

 

.envを編集

まずコンテナを停止

$ docker-compose stop

 

Laradockの.envの[APPLICATION=../]となっている行を[APPLICATION=../laravel-app]に変更

.env

############################
# General Setup
############################

### Application Path
# Point to your application code, will be available at `/var/www`.

APPLICATION=../プロジェクト名

 

 

動作確認

再度コンテナを立ち上げる

$ docker-compose up -d nginx mysql phpmyadmin

 

ブラウザで http://localhost/ から動作確認できます