ヒラメ狙いのサーフゲームでおすすめのルアー3選をご紹介

ヒラメ狙いのサーフゲームで使うルアーには、メタルジグやジグヘッド、プラグなど様々あります。そんなサーフヒラメ用ルアーで最低限持っておくべきルアーに絞って紹介していきます。また、重さ・カラーなども合わせてご紹介します。

 

飛距離がでやすいルアー

まず、飛距離がでやすいルアーを種類別で並べました。

「 メタルジグ > ジグヘッドワーム > プラグ 」

サーフゲームにおいて単純にしてとても重要な要素として「飛距離」があります。なぜなら、どんなによい誘い方をしても、ヒラメが接岸するポイント・深さまでルアーを届けてあげないと100%釣れないからです。

 

どれくらいの飛距離が必要か?

釣りをするサーフ・時間帯によって必要な飛距離は違ってきますが、基本的に最低でも50メートル前後は飛ばせるのがサーフゲームの大前提となります。特に遠浅サーフにおいては、ウェイダーを着用し飛距離を稼ぐかどうかでも釣果に大きく影響してきます。なので、自分がどのルアーで何メートルくらい飛ばせるかを知ることが重要です。一番飛距離が出にくいミノー(プラグ)でも50メートル以上飛ばせるスキルを身につけることができれば選択できるルアーの幅は広がってきます。

 

※ ウェイダーについては、以下の記事で詳しく説明しています。

サーフゲームに必須のウェイダー!価格別におすすめをご紹介!
ウェイダーはサーフでのルアーゲームにおいて必須アイテムです。特に遠浅サーフにおいては、ウェイダーを着用し飛距離を稼ぐかどうかでその日の釣果に大きく影響します。そんなルアーゲームの必須アイテムであるウェイダーにはたくさんの種類があり、値段もピ...

さて、前置きが長くなってしまいましたが、次からオススメのルアーを紹介していきます。

 

メタルジグ アムズデザイン(ima)ガン吉

アイマのガン吉は、言わずと知れた定番のメタルジグです。ひらっと落ちるフォールでバイトが多発します。また、巻いたり止めたりするストップ&ゴーだけで十分釣れるルアーです。僕は、基本的にフロントにアシストフックをつけてつかいます。

【重さについて】

飛距離がでて使いやすいのが30gべた凪で食いが悪そうならゆっくり使える20gという形で選べばよいと思います。

【カラーについて】

カラーは、定番のブルーピンク、ヒラメに良い色とされるアカキン、マズメ時に有効なコットンキャンディーあたりを選ぶとよいと思います。

【メリット】

・よく飛ぶ

・フォールで食わせやすい

・青物の回遊にも対応できる

 

デュオ ビーチウォーカー ハウル

ビーチウォーカー ハウルは、ヒラメ専用に作られたジグヘッドワームです。釣り方はボトムに落としてゆっくりタダ巻で十分釣ることができるルアーです。

ヘッドカラーは全11色。ハウルシャッドは3インチ3/4(ジグヘッドに装着して全体が約4インチ)と4インチ3/4(同じく約5インチ)の2サイズで、カラーバリエーションはこちらも11色あります。

【重さについて】

プラグと近い重さで使いたいなら14gより飛距離を出したいなら21gを選ぶとよいと思います。

※ ワームの重さも加わるので実際は+5gくらいの重さになります。

【カラーについて】

カラーは、定番のピンク、ヒラメに良い色とされるアカキン、マズメ時に有効なグローピンクあたりを選ぶとよいと思います。

【メリット】

・メタルジグに近い飛距離を出すことができる

・タダ巻で釣れる

 

シマノ 熱砂ヒラメミノーⅢ 125S AR-C

熱砂ヒラメミノーⅢは、ヒラメ専用に作られたミノーです。アクションは大きめのウォブンロールアクションで、レンジキープ力があるルアーです。バネを使った重心移動システムでミノーでは抜群の飛距離をだせて、3本フックによるフッキング率の高さも魅力です。

【重さについて】

23gのみになっています

【カラーについて】

カラーは、定番のハデイワシ、ヒラメに良い色とされるヒラメゴールド、マズメ時に有効なヒラメキャンディあたりを選ぶとよいと思います。

【メリット】

・ミノーの中では飛距離を出すことができる

・レンジキープ力がある

・カラーバリエーションが優秀

 

まとめ

以下の記事も合わせてご覧ください!

サーフヒラメのルアーゲームにおすすめのタックルをご紹介
サーフでヒラメをルアーで狙う場合、シーバスタックルをそのまま使っている方からサーフヒラメ用タックル、シーバスとサーフヒラメの組み合わせたタックルなど、アングラーによって様々です。結局、どのような組み合わせにしたらいいかわからない方が多いと思...