【予算〜3万円】サーフでのヒラメゲームにおすすめのリール4選

何より飛距離が求められるサーフゲーム。実はリール選び一つでルアーの飛距離がかなり違ってくるほど、リールはサーフでのヒラメゲームは重要なアイテムです。

 

サーフヒラメ専用でリールを買うなら以下の3点に注目

  1. ダイワの3000番、シマノの4000番
  2. ハイギアタイプ
  3. 防水機能搭載

以上を踏まえて、サーフでのヒラメゲームにおすすめのリールを3つご紹介していきます!

 

シマノ バイオマスターSW4000XG

バイオマスターSW4000XGは、実際にサーフのヒラメゲームで運営者も愛用しているおすすめのリールです。

4000番から10000番の大型のラインナップで、主にオフショアのキャスティングゲームに人気があります。ショアでSWモデルは大きいように思われる方が多いかもしれませんが、サーフのヒラメゲームにおいてハイギアでスプールが大きいSWモデルはとても相性がいいんです。(軽いリールを使いたい方は向かないかもしれないです)

※ 上位モデルに「シマノ ツインパワー SW4000XG」がありますが、コスパを考えると個人的にバイオマスターSW4000XGのがいいです

 

【サーフゲームにおける良い点】

・スプールが大きい分よく飛ぶ

・SWハイギアのため魚を寄せるのが非常に楽

・全体的に高級感がある(特にスポンジ丸ハンドルがかっこいい)

【スペック】

ギヤ比:6.2

最大ドラグ力(kg):11

自重(g):310

最大巻上長(cm/1回転):99

糸巻量:PE1号-500m1.5-320m(PE1.0~1.5号を使うサーフゲームでは下巻が必要)

【価格】

以下で20,000円前後で購入できます↓

 

ダイワ カルディア(2018) LT3000-CXH

カルディア LT3000-CXHは、驚異的な軽さと剛性を両立させたダイワの中堅リールです。ローターやボディに採用しているザイオンと呼ばれる高密度カーボン素材によって実現されています。ボディのピニオン部分には、マグシールドが施されています。これにより、ボディとローターの間に磁性を持つオイルの壁を作ることができるのです。その壁で海水やホコリなどをシャットアウトし、独自の防水構造を作り上げています。

 

【サーフゲームにおける良い点】

・「マグシールド」により水しぶきや砂を防ぐ

・「ザイオン素材」により驚異的な軽さと剛性

・ハイギアのため魚を寄せるのが楽

【スペック】

ギヤ比:6.2

最大ドラグ力(kg):10

自重(g):195

最大巻上長(cm/1回転):93

標準糸巻量:PE1号-200m1.5-170m

※ 少し下巻が必要です

【価格】

以下で25,000円前後で購入できます↓

 

シマノ 17 サステイン 4000XG

世界最大規模のフィッシングショーで「ICAST2017」にて、Best Saltwater Reelに選ばれた17サステイン。「HGANEコンセプト」のもと、高次元の巻き心地を実現したマグライトローターや高い防水性能を発揮するXプロテクトを搭載した、シマノの高性能スピニングリールです。フラッグシップモデルであるヴァンキッシュと同じ、クイックレスポンスシリーズに位置するリールで、機能は評価の高いシマノ17ツインパワーXDと同様の機能を搭載しながらもリーズナブルな価格が魅力的なリールです。

 

【サーフゲームにおける良い点】

・ラビリンス構造のXプロテクトにより水しぶきや砂を防ぐ

・ハイギアのため魚を寄せるのが楽

・大型ドラグノブが使いやすい

【スペック】

ギヤ比:6.2

最大ドラグ力(kg):11

自重(g):285

最大巻上長(cm/1回転):99

糸巻量:PE1号-500m1.5-320m

※ 下巻が必要です

【価格】

以下で25,000円前後で購入できます↓

 

シマノ ナスキーC3000HG

ナスキーC3000HGは、サーフゲームに必要なスペックを備えたコストパフォーマンスに優れたシマノリールです。

インターネットで1万円以下で購入可能の安価モデルながら「HAGANEギア」というハイギアモデルです。コアプロテクトという防水設計にもなっており水しぶきによる海水を防いでくれます。あとは、大型のドラグノブを採用しており使いやすいです。また、軽量なのも魅力です。

 

【サーフゲームにおける良い点】

・「コアプロテクト」により水しぶきや砂を防ぐ

・ハイギアのため魚を寄せるのが楽

・軽いため疲れにくい

【スペック】

ギヤ比:6.2

最大ドラグ力(kg):9

自重(g):250

最大巻上長(cm/1回転):91

糸巻量:PE1号-400m1.5-270m

※ 下巻が必要です

【価格】

インターネットで10,000円以下で購入できます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?このページが皆様の道具選びに役立てれば幸いです。

※ サーフヒラメの関連記事はこちら

「ヒラメ狙いのサーフロッドおすすめ3選!【予算1~3万円】」

「ヒラメ狙いのサーフゲームでおすすめのルアー3選をご紹介」

「サーフゲームに必須のウェイダー!価格別におすすめをご紹介!」

 

コメント

  1. […] 「サーフでのヒラメゲームにおすすめのリール3選をご紹介」 […]